建設支出

アメリカの経済指標

建設支出とは何ですか

建設支出(Consutruction Spending)は商務省センサス局が毎月翌々月の第1営業日に発表します。GDPの約20%を構成するため、景気動向全体との相関が高い。

住宅建設・商業施設建設・公共施設建設の区分毎に発表される。GDPへの寄与度はそれぞれ3・5・11%。民間商業施設は設備投資の先行指標として注目度が高い。

統計の対象期間から発表までの間隔が大きいため、他の統計から予測が容易。
大型受注などの関係で、月毎のブレが大きく、大きな改訂が行われる事が多い。住宅建設は他の耐久財需要への波及効果も大きく、経済全体への影響は大きい。民間の商業施設に対する支出増加は、企業の設備投資実績に先行する傾向がある。

もっと経済指標を見る

他にもよく見られている経済指標です。

消費者物価指数
消費者物価指数(CPI=Consumer Price Index)は総務省が全国値=翌月の26日を含む週の金曜日、東京都区速報=当月の26日を含む週の金曜日に発表します。家計が購入する消費財やサービスの価格変動を確認できる。
対米証券投資
対米証券投資(Net Foreige Security Purchases)は財務省が毎月前々月分を毎月15日に発表します。米国への資金フローを確認する上での需要指標。
国際収支状況
国際収支状況(International Balance of Paymant)は財務省・日本銀行が速報は翌々月中旬、確報は各四半期発表月の翌々月に発表します。外国との国際経済取引で一定期間に生じた貨幣の受け払いをまとめた勘定。
消費者物価指数CPI
消費者物価指数CPI(Consumer Price Index)は労働省労働統計局が毎月前月分を翌月の第3週目(毎月15日前後)に発表します。インフレに関する最重要指標。金融政策への影響は大きい。
製造業受注高
製造業受注高(Factory Orders)は商務省センサス局が毎月下旬に前月分の速報値を発表します。非国防資本財受注が重要。設備投資の先行指標として注目される。
Ivey購買部協会指数
Ivey購買部協会指数はカナダ購買管理協会(PMAC)とリチャード・アイビー・ビジネススクール(Richard Ivey School of Business)が毎月第4営業日に発表されます。
INSEE企業景況感指数
INSEE企業景況感指数は国立統計経済研究所(INSEE)が毎月末に発表されます。フランス国内企業にアンケート調査を実施して作成する景況インデックス。国立機関が出す数字なので信憑性は高く、当該月分が月末に発表されるという速報性もあり評価は高い。

おすすめな業者はココだ!

FXブロードネット
FXブロードネット
低スプレッド、1,000通貨単位で取引可。
詳細を見る
フォーランドフォレックス
フォーランドフォレックス
FX業界最高水準のスワップポイントを提供。
詳細を見る

初心者にもおすすめのFX会社

米ドル/円のスプレッドが魅力的! ライブスター証券
米ドル/円のスプレッドが業界最挟水準なのが魅力的です。使いやすい最先端の高速トレードツールも魅力的です。
ライブスター証券 詳細を見る スプレッド ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円 英ポンド/円
0.9銭原則固定 1.9銭原則固定 3.2銭原則固定 3.4銭原則固定
NZドル/円 カナダドル/円 スイスフラン/円 通貨ペア数
3.6銭原則固定 3.1銭原則固定 3.2銭原則固定 24
手数料 レバレッジ 約定率 約定スピード スリッページ
0円 最大25倍 自分で設定可能
YJFX!ならロスカット手数料も無料です
ロスカット手数料も無料なのがうれしいYJFX!。1,000通貨単位で取引できます。
YJFX! 詳細を見る 取扱い通貨ペア ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円 英ポンド/円
0.3銭原則固定 0.6銭原則固定 0.7銭原則固定 1.1銭原則固定
カナダドル/円 ユーロ/ドル NZドル/ドル 通貨ペア数
1.8銭原則固定 0.5pips原則固定 2.0pips原則固定 22
手数料 レバレッジ 約定率 約定スピード スリッページ
0円 最大25倍 約0.2秒 自分で設定可能
高い約定率のマネックス証券FX PLUS
「FX PLUS」のストリーミング注文は約定率99%と高確率。しかもクリックしたレートで約定します。狙ったレートをはずしません。
マネックス証券 詳細を見る スプレッド ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円 英ポンド/円
原則2銭 原則4銭 原則4銭 原則6銭
NZドル/円 カナダドル/円 スイスフラン/円 通貨ペア数
原則6銭 原則8銭 原則8銭 13
手数料 レバレッジ 約定率 約定スピード スリッページ
0円 最大25倍

※各情報は最新のものと異なる可能性がございます。取引を始める前に各外為業者の公式サイトなどでご確認お願いします。