設備稼働率

アメリカの経済指標

設備稼働率とは何ですか

設備稼働率(Capacity Utilization)はFRBが毎月翌月中旬に鉱工業生産と同時に発表します。生産能力に対する実際の生産量の比率。83%を超えると投資が活発化すると見られている。

業種別では、製造業・鉱業・公益事業(電気、ガス)に分類。製造業部門は、耐久財・非耐久財・素材型・加工型の分類。生産量は、鉱工業生産指数が使用されている。

設備投資の先行指標となる。稼働率が上昇すると生産設備の不足感が高まり、企業は設備投資を増やそうとするため。
インフレの先行指標になっている。景気回復初期の時点では、稼働率の上昇は生産性の上昇につながり、物価安定となるが、景気が成熟した局面では、稼働率は製品・原材料の需給の逼迫度を示す。

もっと経済指標を見る

他にもよく見られている経済指標です。

ミシガン大学消費者信頼感指数
ミシガン大学消費者信頼感指数(The University of Michigan’s Consumer Sentiment Index)はミシガン大学が毎月当月分を第2(または第3)金曜日に発表します。
連邦公開市場委員会FOMC
連邦公開市場委員会FOMC(Federal Reserve Open Market Committee)はFRB連邦準備制度(Federal Reserve System)が不定期にFOMCは約6週間ごとに年8回、毎週火曜日(2日間の場合は火・水)に開催2004年12月14日から、政策決定日の3週間後に議事録の公開します。
マネタリーベース
マネタリーベースは日本銀行が毎月第2営業日に発表されます。マネタリーベースは中央銀行通貨と呼ばれ、中央銀行は負債としての現金通貨を供給する。
第三次産業活動指数
第三次産業活動指数は経済産業省が毎月20日頃に発表します。経済産業省が1978年10月から公表している。経済に占める第三次産業の割合は6割超となっており、次第にシェアを高める傾向にある。
卸売在庫
卸売在庫(Wholesele Inventorise)は商務省センサス局が毎月翌月中旬に発表します。在庫循環の状況を把握する際に有用。他の指標と併せての総合的な解釈が必要。
KOF 先行指数
KOF先行指数とは以下のものになります。チューリッヒ工科大学経済観測所(KOF)が6か月~9か月先の経済見通し6つのインディケーターから集計し発表する指数で、景気動向などを見るのに適しています。
建設支出
建設支出(Consutruction Spending)は商務省センサス局が毎月翌々月の第1営業日に発表します。GDPの約20%を構成するため、景気動向全体との相関が高い。

おすすめな業者はココだ!

FXブロードネット
FXブロードネット
低スプレッド、1,000通貨単位で取引可。
詳細を見る
フォーランドフォレックス
フォーランドフォレックス
FX業界最高水準のスワップポイントを提供。
詳細を見る

初心者にもおすすめのFX会社

米ドル/円のスプレッドが魅力的! ライブスター証券
米ドル/円のスプレッドが業界最挟水準なのが魅力的です。使いやすい最先端の高速トレードツールも魅力的です。
ライブスター証券 詳細を見る スプレッド ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円 英ポンド/円
0.9銭原則固定 1.9銭原則固定 3.2銭原則固定 3.4銭原則固定
NZドル/円 カナダドル/円 スイスフラン/円 通貨ペア数
3.6銭原則固定 3.1銭原則固定 3.2銭原則固定 24
手数料 レバレッジ 約定率 約定スピード スリッページ
0円 最大25倍 自分で設定可能
YJFX!ならロスカット手数料も無料です
ロスカット手数料も無料なのがうれしいYJFX!。1,000通貨単位で取引できます。
YJFX! 詳細を見る 取扱い通貨ペア ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円 英ポンド/円
0.3銭原則固定 0.5銭原則固定 0.7銭原則固定 1.0銭原則固定
カナダドル/円 ユーロ/ドル NZドル/ドル 通貨ペア数
1.7銭原則固定 0.4pips原則固定 1.6pips原則固定 22
手数料 レバレッジ 約定率 約定スピード スリッページ
0円 最大25倍 約0.2秒 自分で設定可能
高い約定率のマネックス証券FX PLUS
「FX PLUS」のストリーミング注文は約定率99%と高確率。しかもクリックしたレートで約定します。狙ったレートをはずしません。
マネックス証券 詳細を見る スプレッド ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円 英ポンド/円
原則2銭 原則4銭 原則4銭 原則6銭
NZドル/円 カナダドル/円 スイスフラン/円 通貨ペア数
原則6銭 原則8銭 原則8銭 13
手数料 レバレッジ 約定率 約定スピード スリッページ
0円 最大25倍

※各情報は最新のものと異なる可能性がございます。取引を始める前に各外為業者の公式サイトなどでご確認お願いします。