対米証券投資

アメリカの経済指標

対米証券投資とは何ですか

対米証券投資(Net Foreige Security Purchases)は財務省が毎月前々月分を毎月15日に発表します。米国への資金フローを確認する上での需要指標。

海外から米国証券へ投資された金額。地区別も発表される。

統計調査時から数値発表までの時間的間隔が大きいため、必ずしも現状を反映しているとは言えない。貿易収支や経常収支の赤字額との比較が重要。米国の赤字ファイナンス問題を分析する際は、地区毎の資金フローを分析する事も重要。世界的な資金の流れを把握する際にも、参考になる。

もっと経済指標を見る

他にもよく見られている経済指標です。

国際収支状況
国際収支状況(International Balance of Paymant)は財務省・日本銀行が速報は翌々月中旬、確報は各四半期発表月の翌々月に発表します。外国との国際経済取引で一定期間に生じた貨幣の受け払いをまとめた勘定。
建設支出
建設支出(Consutruction Spending)は商務省センサス局が毎月翌々月の第1営業日に発表します。GDPの約20%を構成するため、景気動向全体との相関が高い。
貿易収支
貿易収支(International Trade in Goods and Services)は商務省センサス局・商務省経済分析局が毎月前々月分を毎月中旬(20日前後)に発表します。以前は対日赤字が注目されたが、現在は対中赤字も重要。
景気先行指数
景気先行指数(Index of Leading Economic Indicators)はCB(コンファレンス・ボード)が毎月翌月末(最終営業日)に発表します。景気の方向性、転換点を総合的に判断する際に用いられる。
製造業受注高
製造業受注高(Factory Orders)は商務省センサス局が毎月下旬に前月分の速報値を発表します。非国防資本財受注が重要。設備投資の先行指標として注目される。
外貨準備高
外貨準備高(Gold and Foreign Currency Reserves)は日本銀行(国際局国際収支課)・財務省が毎月中旬に発表します。外貨準備高の増減は、通貨当局の管理下にある。すぐに利用可能な対外資産の増減を計上する項目。
第三次産業活動指数
第三次産業活動指数は経済産業省が毎月20日頃に発表します。経済産業省が1978年10月から公表している。経済に占める第三次産業の割合は6割超となっており、次第にシェアを高める傾向にある。

おすすめな業者はココだ!

FXブロードネット
FXブロードネット
低スプレッド、1,000通貨単位で取引可。
詳細を見る
フォーランドフォレックス
フォーランドフォレックス
FX業界最高水準のスワップポイントを提供。
詳細を見る

初心者にもおすすめのFX会社

米ドル/円のスプレッドが魅力的! ライブスター証券
米ドル/円のスプレッドが業界最挟水準なのが魅力的です。使いやすい最先端の高速トレードツールも魅力的です。
ライブスター証券 詳細を見る スプレッド ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円 英ポンド/円
0.9銭原則固定 1.9銭原則固定 3.2銭原則固定 3.4銭原則固定
NZドル/円 カナダドル/円 スイスフラン/円 通貨ペア数
3.6銭原則固定 3.1銭原則固定 3.2銭原則固定 24
手数料 レバレッジ 約定率 約定スピード スリッページ
0円 最大25倍 自分で設定可能
YJFX!ならロスカット手数料も無料です
ロスカット手数料も無料なのがうれしいYJFX!。1,000通貨単位で取引できます。
YJFX! 詳細を見る 取扱い通貨ペア ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円 英ポンド/円
0.3銭原則固定 0.5銭原則固定 0.7銭原則固定 1.0銭原則固定
カナダドル/円 ユーロ/ドル NZドル/ドル 通貨ペア数
1.7銭原則固定 0.4pips原則固定 1.6pips原則固定 22
手数料 レバレッジ 約定率 約定スピード スリッページ
0円 最大25倍 約0.2秒 自分で設定可能
高い約定率のマネックス証券FX PLUS
「FX PLUS」のストリーミング注文は約定率99%と高確率。しかもクリックしたレートで約定します。狙ったレートをはずしません。
マネックス証券 詳細を見る スプレッド ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円 英ポンド/円
原則2銭 原則4銭 原則4銭 原則6銭
NZドル/円 カナダドル/円 スイスフラン/円 通貨ペア数
原則6銭 原則8銭 原則8銭 13
手数料 レバレッジ 約定率 約定スピード スリッページ
0円 最大25倍

※各情報は最新のものと異なる可能性がございます。取引を始める前に各外為業者の公式サイトなどでご確認お願いします。